FC2ブログ

堕ち玩

悪堕ち中心のあれやこれやに関するエロネタブログ。18禁。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークサイドクロニクル 「澄精」 前編

さて……まずは、100,000Hitありがとうございます!!

正直、ここまで続くとは思ってませんでした(笑)
日頃チェックして頂いている皆様に、ただただ感謝です。
ふと思ったんですが、公開オナニー見てくれてありがとうってのはどうなんですかね。
露出狂みたいなもんなんですかね。

まあそんなことはさておき、これからもぼちぼちやっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!!




……それで、ですね。
例によって例のごとくなんですが、100,000Hit記念というものをなーんにも用意しておりません……筈だったんですが!!

なんとなんと、「赤羽 勇は二度なく」の執筆者であられるEnne様より、またしても淫隷学園の物語を頂戴してしまったのです!!よ!!

実を言うと3ヶ月以上前に雛形を受け取っていたにも関わらず、まんがまつりやってたおかげで公開がこれでもかと遅れてしまったという……ほんとすいませんでした。

今回は、なんというか色々と無茶な要求をしてしまいまして、本来Enne様が苦手な要素をも作中にぶち込んで頂きました。
息子ともども大変喜ばしい事になっているのですが、もうほんと感謝と謝罪の念に絶えません。
どういう事だって?
それは後編のお楽しみ。

というわけで、今回もアクションあり洗脳あり百合ありのEnne様ワールドに、僭越ながらカスタム少女でイメージ画像をつけさせて頂きました。
お楽しみ頂ければ幸いです。

                  『澄精』



淫隷人が零すそれが、単に淫精(いんせい)と呼ばれ
淫怪人にとっては必要とされる割には水同然に扱われるものだとすれば

淫澄精(いんちょうせい)と呼ばれるそれは
ごく限られた、淫隷人が溢れさせ、ひそかに零す(こぼす)もの

何百か、何千かの淫隷人を従えて、たまさかに 淫澄精を零す それ を引き当てたものは

決して それ を外に出さず、無論、互いに知らせることも無く、
ただ それ が零すものを汲み上げるためだけに、秘蔵するという

仮に、そのようなものが

街をふらふら歩いていれば

それを見つけた淫怪人ならどうするか

まず何をおいても捕え、隠匿し、口をぬぐって漏らすまい

DSC001.jpg

「ふっふーん、うふ、今夜は、お見えになるのよね、何こさえようかしら…」
などといいながら、舞い上がりそうな様子で歩くこの女性

淫怪人の眼から見れば、この娘が、淫隷人なのは
一目瞭然

だから、最初、気にも掛けずに、行き過ぎようとしたのだが

DSC002.jpg

すれ違ったその途端

DSC003.jpg

魂の、いや、そんなものが残っていればだが
その奥底の火床を轟と炙るもの

間違いなかった、淫澄精

DSC004.jpg

かつて一度、ただ一度だけ
それも、口にできたわけではない

ただ香りを嗅がせてもらった

それだけで、ほとんど淫怪人になりたてだった自分は、
しばらくの間、どうにも衝動が抑えられなくなり、ひどく不自由をした覚えがある

くるり、振り向くその先で
ふらふら、ふらと、歩いているこの娘

DSC005.jpg

いや、この淫隷人

欲しい、いや思うまもなく手が伸びかけたのだが

タグ、タグ、タグが

DSC006.jpg

周りの人間どもにまで聞こえそうなほどの歯軋りが漏れる

忌々しいタグがついている

無論、淫隷人には、皆何かしらのタグがつく

それは、このような極上品でなくとも

互いに、互いの所有物を取り合って
淫怪人たちが喰い合ってしまわぬため

半ば欲望のまま生きている淫怪人同士が
最低限のルールとしてタグをつけているのだが

この自分が手に納めるにふさわしいはずの
極上品についているのが、よりにもよってイーズのタグだとは

アレを怒らせるということは…

アレがなにやかやと理由をつけて出し渋る
あの、貴重なものも手にはいらなくなる
そういうことだ

だが

DSC007.jpg

だがだが、それがなんだという

淫澄精

これがある

決めた、いや決める必要など何も無い

これは自分のもの

捕縛して、不要なパーツを取り去って
自分だけの淫酒器にすればそれでよい

そうすれば、二年か三年、いや一年、あるいは一月でこれが死んでしまったところで
かまわない、その一年が、一月がどれだけの喜びを与えるのか

秘蔵もせずに、ふらふらふらとうろつかせておく

そちらが悪い

ならば自分が味わって当然ではないか

いやもうこれは自分のもの

奔った腕

伸びた手

焦りと震えにかろうじて伸びた指

ぐきぐきぐきりと伸ばした爪

DSC008.jpg



伸ばした指のその上にしろじろ光る一筋の…

銀、銀、銀の細い、いと?

い、いやいやいや

これは銀髪

まがいようのない銀髪が

ご丁寧にも蝶結びになって結わえられている

DSC009.jpg

ばれた

その瞬間、逃げる逃げる、ただ逃げる

自分が気づかぬそのうちに、銀髪を結わえ付けられた

淫澄精への飢渇など、瞬時に飛んだ吹き飛んだ

恐怖

おぞましいほどの恐怖

格の違いなどはなから判っているのだから

恐怖と今は二人連れ

踵から伸ばした鈎爪をがりり、ぎちりとアスファルトに突きたてて

獲物に伸ばしかけた体をかろうじてその場にと止めると

飛ぶ

飛ぶ飛ぶ飛ぶ

後方に一気に跳躍

最後の飛翔で体を捻ると、もうもう後など振り向かず

疾走を開始するその後方では

DSC010.jpg

「やれやれ、お行儀が悪いったら

 ふふふ~ん、でもどうやら間に会いそうですね~~

 あの程度なら、わたしが手を下すまでも無いわね~~」

ひとりふつりとつぶやくのは

腰まで伸びた濡れ羽髪
目立たない黒いスーツに豊かな胸を何気に隠す眼鏡の女性

その顔を、さらに背後から突然起こった旋風が
呟きの主の黒髪をざわらとなびかせ

ほのり笑った表情を隠す

DSC011.jpg

そう、呟きの主の真後ろから追い越した旋風のような紅い影、
魔を払い情熱の象徴たる、紅玉石のその色に

その色、色に燃え上がる紅い影

「まてっ、淫怪人!」

そして、淫怪人の行く手をさえぎる黄金色と滄海色の影と影

DSC012.jpg

「行き止まりダヨー」
「ここは通しませんっ!」

影の正体に気づいたか

だが、だからといって、ここで一戦交えているような
そんな余裕があるはずもない

「き、ききき、貴様らなどに用はないっ、どけっ、どけどけどけっ」

DSC013.jpg

二つの影を吹き飛ばそうと
追いすがる真紅の影を引き離そうと、いやそんなものなど関係ない

恐怖から

絶望から

死から逃れるそのために、奔る、走る、ただ走る

だが、何故か穏形しているはずの淫怪人の淫気が見えるのか
「黙れっ、淫気を撒き散らしながら、街を走るなんてっ」


「わたしの、ドルフィンソナーが見逃しませんっ」


「バっかだナ~、ヤサイの勘がびんビンくるヨ~~」

こうなっては強行突破

「それは、野生だ、どけっ」

律儀に叫んだのはフェイントか、瞬転、どうしたものか真後ろへ
急速に間を詰めつつあった紅い影へと飛び掛る淫怪人

DSC014.jpg

だが

ばららららっ

DSC015.jpg

数発の擦過を伴って、淫怪人の周囲にばらり散らばる光弾の輪

「『ドルフィンリング』っ!」

流石に止まる肢、だが、我慢、我慢をすれば致命にはならぬ、そう思い定めて
今度は黄金色へと…

DSC016.jpg

「甘いですっ、『ドルフィンバースト』っ!!」

ば、ばっ、ばっ

DSC017.jpg

散らばり広がるはずの急連射が
数こそ減ったが凶悪なトリプルバースト(三点射)に集約されて今度は正確に淫怪人をその場にとどめる

これは流石に、我慢ではすまない

だが、だが、だがだがだが、腕一本、肢一本飛ばされたぐらいで済めば…

爆発的に気を矯めて、今度こそ、黄金の影へと…

DSC018.jpg

「見えテる、ヨ~」

何故か飛来しない光弾を幸いに、黄金の影に飛び掛り、同時に振るう左右の爪、そして爪

DSC019.jpg

「見えてルっテ、
 いっタ、
 で、
 ショっ」

発した言葉がそのまま気合の掛け声か
黄金の影が、飛来する淫怪人をワン、ツー、スリーの三連撃で迎撃する

地上から伸び上がる
パンチ、パンチ、そしてとどめに奔騰するひと蹴り

DSC020.jpg

「『獅子王穿』っ」

仰のけに弾き飛ばされそのままに

だが、だがだがだがっ

DSC021.jpg

あえなく撃墜されはしたが、先刻の恐怖が捨て鉢に淫怪人を燃え上がらせる
這いつくばった姿勢から、銃を構える滄海色へとターゲットを変更し

がばり

広げた巨大な顎

口から先に、牙から先にと飛び掛る

だがそのような稚拙な攻撃が、もはや許されようはずも無く

DSC022.jpg

滄海色を庇って間合いにはいるのは

腰に左拳をあてて、片膝落としに俯く紅い影

DSC023.jpg

「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ」

DSC024.jpg

右下方から左上へ
虚空に煌く真紅の軌跡

そして刀尖がその虚空の頂点できらりはらりと揺らめくと

DSC025.jpg

かしゅる

舞い降りる半月型の剣線が淫怪人の身体を裂いて、ふつんと紅い影の手の中へと消えうせる

「『紅月斬』」

DSC026.jpg

ぽつり呟くその声が、夜風に溶けて消えうせて

淫気の核をあえなく裂かれ、哀れな淫怪人も、その場に死骸すら残すことをも許されず

骸が霧に、霧が夜風に、夜風もあえなく溶けて消え

こくりと頷く影、影、影が自分たちも影の中へと去っていったが

今日も平和を守った影たちの活躍を、にこにこにこり眺めていたものもいる

DSC027.jpg

「うふふん、わたしが背中に縫い付けてやった二本目の髪にも気づかないなんて~~
 ほんっとレベルが低いったら

 あの髪から、自分の淫気が駄々漏れになってるのも気づかないんだから~

 その程度じゃねぇ、うふん

 おーすごいすごい
 勇さんってば、手上がりしたわねぇ、これは油断なら無いかな~~、ま、あとはよろしく、ね~~」

黒いスーツに濡れ羽髪

涼しげに笑う女性も雑踏の中に消えていった





翌日

イーズは勇たちのクラスの教卓に向かっている

といってもここは視聴覚室

DSC028.jpg

そう、イーズが今日も教鞭をとるのは淫語Ⅱの時間

半ば手順も内容も機械とプログラムが行ってくれるから
イーズがここに立つ必然はないし、百合子どころか他の淫隷化された教員の誰がここに立っていても
生徒たちは素直にヴァイザーから流れるノイズに彼女たちの心を委ねる

いや、心を縛られ、少しずつ、けれど着実に変えられるのを待ち望んでいるのはむしろ生徒たち

だから、イーズがここにいる必要は全く無いといえばないのだが

一つには、生徒たちの細かな反応を見てやるため
処理されたデータからでは抜け落ちてしまう、一人ひとりの僅かな表情の揺れ、体の僅かな動き
一人ひとりがかき鳴らすノイズの揺らぎを、全部知っておきたいから

DSC029.jpg

もう一つには 淫語 いやもう洗脳の時間といってやってもいいのだけれど
課業が進み、新しく、軽くしたヴァイザーを初めてつけたさせた勇たちの反応を見てやるため

そして、なによりイーズ以外の『淫怪人さま』をほとんどが見たことがないという生徒たちにしてみれば、
そのイーズから淫語Ⅱを…いや洗脳をしてもらえるというのは
何より安心感を与えるし

だから、イーズはここにいる

無論…

少女たちの奏でるノイズの軋りがイーズの奥深くを愉しませるから

『本音はこちらよね』

と、ひとりちろりと舌をのぞかせたりもするけれど

けれど、今日に限っては、イーズがここにいる必然はあった

昨夜のことで密かに心を痛めているはずの

DSC030.jpg

そう勇がいる

案の定、白いメタルグラブをはめ、授業が開始されるまで
勇が押し隠してはいるようだけれど、奏でるノイズが激しく、か細く不安に揺れていたのは
イーズが予想した通り

だからイーズは授業の最中

不安と授業の恍惚とに

ゆろ、ゆら、ゆらりと揺れる勇に近づくと

DSC031.jpg

『昨日はお疲れ様~、勇さん、少しだけ、ね、今日は強くしてあげるから~~』

囁きをそっとノイズに乗せて勇の心の奥に届けてやる

途端

ぴくりと小さく跳ねる勇

そのあと勇が緊張から解放され

流れるノイズに心を添わせるのを見届けると

DSC032.jpg

そわり

浮かんで消えたイーズの表情の意味を悟れそうな人間はどうやらこの場にはいないようだった




To Be Continued …
スポンサーサイト
[PR]

コメント

Enne様のテンポの良い文章と、
わぶき様のスピード感あふれる画像が相乗効果になって、物語をとても楽しめました。

淫怪人同士のルールを破った者の末路。
ライブエンジェル達まで利用して葬り去るとは…
いやはやイーズ様は恐ろしい…

  • 2009/10/20(火) 03:13:21 |
  • URL |
  • アクノス所長 #LkZag.iM
  • [ 編集 ]

10万ヒットおめでとうございます。
すごいなぁ。
そしてこれがまさに文章と画像のコラボと言わんばかりの強力タッグ。
後編も楽しみにしております。
どんな画像が見られるかワクワク。ww

100,000ヒットおめでとうございます
段々お祝いコメントの感覚が早くなって来ている様な

いくら美味しいノイズをたっぷり食べているからといって
自制の効くイーズ様は凄いと思います
そして相変わらずエロい淫語の授業

  • 2009/10/21(水) 01:01:12 |
  • URL |
  • kskする名無し! #-
  • [ 編集 ]

10万Hitおめでとうございます~。
1日あたりのアクセス数が物凄い事になってますねw

そして淫隷学園の新作ktkr +(0゚・∀・) +
いきなりイーズ様の恐ろしさを再認識…。
もしかしたらイーズ様はダーククロスの中でも、
かなり上の方にいるんじゃないでしょうかw
後編も楽しみにしてます♪

  • 2009/10/21(水) 21:51:19 |
  • URL |
  • Mizuha #-
  • [ 編集 ]

100,000Hitおめでとうございます!

100,000Hitおめでとうございます!
凄いですね!100000なんて!!

自ら手を下すのではなく、
ライブエンジェルを利用して葬り去るなんて・・・
しかも、勇を堕とす材料にしているとは・・・
イーズ様、凄すぎます!

  • 2009/10/24(土) 11:00:52 |
  • URL |
  • たか(t) #-
  • [ 編集 ]

>所長さん
Enneさんの文章のスピード感というか、リズム感に合わせるつもりで製作したつもりではありますが、追いつけてるかどうか心配でした。
嬉しいお言葉でする。

イーズ……すっかり強キャラになって……

>舞方さん
ありがとうございます。
タッグとは言いながら俺が引きずられてる感バリバリでお送りしております(笑)
後半は俺の我侭により、いささかアレめ(笑)の描写がありますのでご注意アレ。

>kskさん
いやほんと、皆様のおかげです。ありがとうございます。
イーズさん、実は割と思う所があるようで……今後の展開(あります、きっと)が俺も楽しみなのです。

とても馬鹿っぽい字面なのに実態がエロい。
……はっ、これは噂の変脳……

>Mizuhaさん
ありがとうございます。
閲覧数が増えるのはありがたいと共に恐ろしいことです。

イーズさんがかなり強い立ち位置を獲得した理由が、今回の話で見えてくると思います。
後編をお楽しみにー。

>たかさん
凄いですよね、100,000なんて!
ほんと、まさかここまで続けられるとは思ってませんでした。
ありがとうございます。

悪逆非道なステレオタイプよりも、遥かに恐ろしい"悪"ですよね、イーズのようなキャラは。
そして、そんなキャラの話でも百合萌え空気を作り出すEnneさんは欲望に忠実なお方(笑)

  • 2009/10/28(水) 00:16:31 |
  • URL |
  • わぶき #-
  • [ 編集 ]

10万ヒット、おめでたい

……と、アマゾン風台詞のタイトルとww
 
Enne様のイーズ様、相変わらず妖しい雰囲気です。
この方だけは、一概に悪と言い切れない立ち位置なだけに、様々な視点で見られますね。

  • 2009/10/30(金) 00:51:20 |
  • URL |
  • 神代☆焔 #-
  • [ 編集 ]

>神代☆焔さん
アマゾン、ウレ、シイ!

後編を公開させて頂きましたが、いやあ……やっぱり悪ですよ、この方は(笑)

  • 2009/10/31(土) 21:25:38 |
  • URL |
  • わぶき #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akuoti3dlive.blog40.fc2.com/tb.php/63-ede7a727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。