FC2ブログ

堕ち玩

悪堕ち中心のあれやこれやに関するエロネタブログ。18禁。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別編 ライブエンジェル 対 ブライズ・オブ・レッド その8

これにて一件落着……か?

最終話、お待たせしました。
チープな手段をとりつつ、ようやっと話を終わらせることができました。
途中から堕ち云々がわりとどうでもよくなって、俺のヒーロー好きな部分のみが抽出されちゃったような気がします。
今回の主役は間違いなくフィリスとお嬢ですけどね。

まあ、反省はするが後悔はしないぜ!
あまりにも説明不足な点は、後日あとがき的な補足を追加したいと思います。

なお、今回の話を作るにあたり、様々な方にご協力頂きました。
特にプロット作成に協力してくださったEnne様と赤い陵辱者には改めて感謝申し上げます。
当初の予定が大幅に狂ったことも重ねてお詫び申し上げますごめんねテヘッ☆ミ

というわけで、最終章!
画像がいつもの倍ぐらいあるんで、超重いです。ご注意を。

SP293.jpg

「ふふ…はははは……あぁっはははははは!!
 目ぇ覚めたか、菫ぇ!!」

SP294.jpg

「ん…?ははっ、なんだ、まだ起きちゃいねえのか。
 いいさ、お前が目ぇ覚ます前に、邪魔な連中を潰しとくからよ!!」

SP295.jpg

「う、う……っ!あれが菫さん!?」
「こんなノ、初めて見るヨ!」
「あれは繭……魔因子のプールだったのね……!」

SP296.jpg

その時、触手繭がぶるっと蠕動したように見えた――次の瞬間。

SP297.jpg

「「「!!!」」」

SP298.jpg

「うああああっ!!」
「ワーーーッ!!」
「きゃあぁっ!!」

触手が群れを成し、三本の触腕を形成したかと思うと、瞬く間にライブエンジェルの3人を捕えた。

SP299.jpg

「くっ、このぉっ、放せっ!!」

暴れようにも、身体をがんじがらめに拘束された状態では、ろくに力を込める事もできない。

「こノッ、こノッ!だめダ、ちぎれないヨ!」
「あ、あぅぅ……気持ち悪いです……!」

SP300.jpg

「ははっ、あははははは!!
 分かってくれたんだな、菫!
 アタシとお前の世界には、他に何も要らないってよぉ!!」

SP301.jpg

「フィリス!キミ、スミレがこんなグロい事になっちゃってもへーきなノ!?」
「グロいだぁ?
 てめえの目は節穴かよ!そら、見てみろ…!」

SP302.jpg

「見てミロ……?……アッ!!」

SP303.jpg

菫の身体を包んでいた赤いゲル状の何か。
それは菫の体表と一体化し、ギラギラとした光を放つ異形の肌へと形を変えていた。

SP304.jpg

「もうすぐだ、もうすぐ菫が目を覚ます。
 そうすりゃ後は簡単だ……アタシと菫で、新しい世界を作るんだ……はは、あはは、あははははは!!」
「フィ、フィリス……!」

狂ったように笑うフィリス。
その哄笑を遮り、少女の声が響いた。

SP305.jpg

「お、お嬢!?」

SP306.jpg

「……あん?」

「アッ!ニノっち!」
「ええっ!?に、ニノンさん!?……ゆなさんまで!」

SP307.jpg

「な、なあ、フィリス……だよな?
 な、何やってんだよ……その、キモいの、何なんだよ……!?」
「……!」

SP308.jpg

「キモいのとは何だ、てめぇ……菫に決まってるだろうが。
 いつも金魚のフンみてえに菫のケツにくっついてやがるくせに、そんな事も分からねえのかよ!」

「それが……本当にお嬢だって……言うのか、よ……!?」
「そ、そんな……あれが、お姉さま……!?」

SP309.jpg

「はっ……でもまあ、丁度良いや。
 菫はもう、てめえらとつるむ事も無くなったからよ。
 この場でしっかりお別れさせてやるよ」

SP310.jpg

「!いけない、二人とも!!早く逃げて!!」
「ゆなっチ、にのっチ!!今のフィリスは危ない子なんダ!」
「逃げて下さい、早く!!」

SP311.jpg

「わめくなよ、雑魚共……」

SP312.jpg

「ひっ……」
「考えてみりゃ、てめえらがキッカケくれたんだよなぁ?
 そういう意味じゃあ感謝するぜ。ありがとよ、お二人さん。
 ……ま、アタシらの世界にはてめえらも要らないけどな」

「ニノンさん!逃げてえっ!!」

勇の絶叫が聞こえる。
だが、ニノンの足は動かない。
眼前に迫る友人、その脅威から視線を外さない。

「…………せえよ」

SP313.jpg

「……あ?」

微かに聞こえた震える声。
フィリスの顔から表情が消える。

「うるせえんだっつーの……!」

SP314.jpg

「ベラベラ喋りやがって、うぜえんだよ!!
 変なコスプレしやがって、お嬢にまで妙な格好させやがって!!
 何言ってるのか分かんねーよ!!さっさといつものフィリスに戻れよ!!」

圧倒的な恐怖。
だが、ニノンは屈しない。
菫への友情が、フィリスへの対抗心という名の友情が、ニノンを黙らせない。
そして、ゆなもまた。

「フ、フィ、フィリスさんっ!!
 おね、おね、お姉さまを返してくださいっ!!
 フィ、フィリス、さんも、一緒に、帰りましょうよぉっ!!」

一欠片の勇気が、ゆなの腹から声を絞り出していた。
零れる涙に、絶望は含まれていない。

SP315.jpg

「二人とも……」

キィン

そして、秘剣が響いた。

SP316.jpg

「……はっ、うぜえのはどっちだ。
 あばよ、菫にはよろしく伝えといてやるぜ!!」

フィリスの拳が、風を纏う。
顔に触れた風圧が、絶体絶命を知らせた。

SP317.jpg

「うっ……!!!」
「ひっ…………」

SP318.jpg

「……?」

顔にあたる微かな風。
だが、今感じるそれは、死の予感などではなく、もっと温かな……

SP319.jpg

「なっ、何だ!?」

フィリスが叫ぶ。

「え、ええっ?」
「あれ、あれって……??」

ニノンとゆなが目を見張る。

赤い風が巻き起こっている。

SP320.jpg

それは、勇の手にした秘剣の輝き。
エネルギーが真紅を纏い、風に乗って辺りを覆う。

SP321.jpg

「これ……これは……
 そうか、響鳴秘剣って……!!」

ばら、ばら、ばら。
勇を捕えていた触手が、力を失い崩れていく。
まるで、赤い光を恐れるように、力なく崩れていく。

SP322.jpg

「…………ニノン…………ゆな…………」

そして、菫の口から二人の名が漏れ――

SP323.jpg

「!!」

SP324.jpg

「赤いの!!何をやってやがるんだあああああああああああっ!!!!」

SP325.jpg

「フィリスさん!!貴方も菫さんも、助けてみせる!!」

SP326.jpg

「応えて、響鳴剣!!
 はあああああああっ!!!」

裂帛の気合と共に。
奔流が激流となり。
光の剣が天空にそびえた。

SP327.jpg

「菫さん!!ニノンさんとゆなさんの想い……受け取って!!
 たあああああああっ!!!」

SP328.jpg

「ああああああああああっ!!!」

菫の絶叫が

SP329.jpg

「す、菫えええええっ!!!」

フィリスの悲鳴を呼ぶ。

SP330.jpg

「二人の声を聞いて、菫さん!!
 魔因子なんかに負けちゃ駄目!!」

光の奔流は、二人の、ニノンとゆなの、菫を呼ぶ声。
自分を求める声が、菫の身体を駆け巡る。
そして、声は呼び起こす。

SP331.jpg

「あ、あ、あ……私、私は……!!」

SP332.jpg

「菫っ!!菫ぇぇええええええええぇぇぇっ!!!」

SP333.jpg

「ぐわああぁぁっ!!!」

「わわっうわあああ!!」
「きゃああああっ!!」

閃光、爆発。
三人の視界が白に覆われる。

SP334.jpg

「あ、あ……菫、菫ぇ……」

「ちょ、ちょっと……まさか、お嬢……」
「そ、そんな!菫お姉さま…!」

嘆きと驚愕の中に

SP335.jpg

閃光を抜け

SP336.jpg

「…!お、お嬢!!」
「お姉さま!!」

SP337.jpg

微かな希望が帰還した。

「ゲホゲホッ……ふう!菫さんは取り戻したわ!」
「フィリス!次はキミの番ネ!」
「響鳴秘剣……やっぱり、吉野の技術を信じて良かったです!」

SP338.jpg

「…………」

沈黙するフィリス。
その瞳は、ただ菫のみを見つめている。

SP339.jpg

「お嬢!……あー、良かったぁ……」
「お姉さま、お姉さま!」

友の呼びかけに、菫の意識が浮上する。

「あ……貴方たち……」

SP340.jpg

「ニノンさん、ゆなさん、菫さんを助け出せたのは、貴方たちのおかげ。
 菫さんを呼ぶ貴方たちの声が、想いが、この剣を起動させてくれた。」
「ユージョーパワーだネ!」

SP341.jpg

「いや、その……そうストレートな単語使われると照れるっつーか……」
「あは、いいじゃないですか!お姉さま、助かって本当に良かったです!」
「想いが……私を助けてくれた……
 ……ありがとう、ニノン、ゆな……」

SP342.jpg

「……えせ……」

ゆらり。
漆黒の意思が動いた。

SP343.jpg

ザッ

緊張が走る。

「フィリス……」

菫が呟く。
硬い遺志を込めて。

SP344.jpg

「かえせ……かえせ、かえせ、かえせ……!!」

SP345.jpg

「菫を返せええええぇぇぇええええぇぇぇえええっ!!!」

それは、愛する者を失った悲しみか、怒りか。
魔因子に侵された心が、雄叫びをあげ暴走する。

SP346.jpg

「いけない……完全に暴走してるみたい!
 気をつけて、二人とも!」
「オシ!今度は負けないゾー!」
「サポートは任せてください!」

SP347.jpg

その時
決然と
菫が立ち上がった。

「ちょ、ちょっと、お嬢!?」
「お姉さま、危ないです!」

「エエッ?」

SP348.jpg

「す、菫さん!?」
「菫さん、危ないですから下がってください!」

「ライブエンジェルの方々……ニノン、ゆな。
 フィリスは……私が助けます!」

SP349.jpg

「フィリスをああしてしまったのは、私、なのですから……」

SP350.jpg

「フィリス……聞こえて?
 安心して……私はもう、何処にも行きませんわ」

SP351.jpg

「フィリス……私、言いました……ううん、言ったわよね。
 貴方に、憧れてたって。
 惹かれていたって。

 でも……忘れて。
 あんなところで、あんなときに喋った言葉なんて、忘れて。
 あんなの……あんなの、私の言葉じゃないわ」

SP352.jpg

ぞわり

無言のままのフィリス。

だが、その周囲には絶望と憎悪が満ちようとしている。

SP353.jpg

「菫さん……」

キィン、キィン

静かに、響鳴が始まっていた。

SP354.jpg

「そして、私も、忘れるわ。
 あの時、貴方から聞いた言葉……
 あの時も、今も……貴方は、本当の貴方じゃないもの。
 忘れるの……フィリス。
 ……良いわね。

 ……そして、聞いて。
 私の言葉は……今から、紡ぎます」

ゆっくり、ゆっくりと、しかし一直線に、菫はフィリスへと歩み寄る。
凍りつきそうなフィリスの視線。
菫は歩く。

「フィリス……貴方は、酷い人。
 私の心の平穏を、全て奪っていった。
 ……目障りで目障りで、本当に憎らしかったわ。
 どうして貴方は、私に従ってくれないの?
 どうして貴方は、いつもいつも好き勝手にやってしまうの?
 どうして貴方は……そんなに、自由でいられるの。

 ……貴方が私の前に立つ時、私は貴方の事しか考えられなかった。
 でも、貴方はきっと違った。
 貴方の目は、貴方の好きな方しか向いていないんだものね。
 ……本当に自由で……酷い人」

SP355.jpg

「ス……ミ、レ……」

「……でもね、私が惹かれたのは、貴方のその自由。
 憧れたのは、風のように吹き抜ける貴方の心。
 たとえ貴方が見ていてくれなくても……
 私のこの気持ちは、変わらない」

菫の腕が

フィリスに、そっと寄り添った。

SP356.jpg

「好きよ、フィリス。
 私は、貴方の事が、大好き」

SP357.jpg

キィン、キィン、キィン――

言葉を失い、唾を飲み込む主達を尻目に、響鳴剣は、真っ直ぐな言葉に託された想いを受け止め続ける。

SP358.jpg

「ス、ミ、レ……」

震えるフィリスの両腕が、菫の肩を掴もうとする。
だが、何故だろうか、腕が、動かない。

「お願い、フィリス。
 私の好きなフィリスに、戻って。
 それが叶わないのなら……私を、殺して」

SP359.jpg

「スミレ……?」

「世界を壊すと言うのなら……私も、一緒に消し去って。
 貴方が、貴方の愛した世界を壊すのを見るぐらいなら、死んだ方がマシ。
 だから、お願い……私を、殺して」

「オネ……ガ、イ……スミ、レ……ヤメロ、ソンナ……コト……」

SP360.jpg

ぞわり

フィリスの身体に生えた刃が、無感情に動く。

「!!
 止セ……止メろ……!!
 止めて……クれ……!!!」

ぞわり、ぞわり、ぞわり

刃は、菫の肌に吸い付く。

それは、菫の「願い」を叶えようとする、歪んだ深層心理の顕現なのか。

「う、ガ、あぁ……!!
 すみレ……すミれ……スみれ……!!」

逃げろ、という言葉を紡ぐ事も、もはや出来ない。
フィリスの意識は、シャボン玉の表面に浮かぶ虹色の如く――

SP361.jpg

「いいの、フィリス……
 ……愛しているわ」

SP362.jpg

弾けた。

「うあああああああああっ!!!
 止めろおおぉぉぉ!!菫を、菫をぉ!!
 傷つけるなああぁあぁあああぁぁぁっ!!!!!」

SP363.jpg

その瞬間
響鳴剣が唸りを上げた!

「その想い、受け取ったわ!!」

勇は輝く刃を構え

「響鳴剣よ!心の刃よ!!
 その力を、今見せよ!!」

熱く滾った想いを乗せて

「秘剣――――」

闇を、魔を、切り裂く。

SP364.jpg

「極紅ぉっ!!!!!」

SP365.jpg

「ぐああああああああああああああああああああっっっ!!!!!!」

極彩色のエネルギーの奔流が、フィリスの身体を包む。

それは、菫の想い――――

SP366.jpg

「フィリス……返事、聞かせてくれるわよね……?」

SP367.jpg

「すみ……れ」

SP368.jpg

閃光

全てが終わるまで、誰も言葉を紡がない。

そして……



SP369.jpg

「……あ、ああー……」
「……う、ううー……」

SP370.jpg

エネルギーの奔流が治まった後には、裸身の少女二人が、かたく抱きしめ合っていた。

SP371.jpg

「その……さっきは……流してたっつーか……ツっこめる状況じゃなかったけどさ……」
「お、お姉さまが、お姉さまがフィリスさんとぉ~」

「ニャハハッ、コレニテ一件落着!みたいナ?」
「ふぅ……そうみたい、ね」
「……(ドキドキ)」

SP372.jpg

「菫……すまねえ……ありがと……
 その……アタシ……アタシもな……」

SP373.jpg

「ううん、謝らないで、フィリス……。
 それより、ハッキリ言ってくれないと……分からないわ」

SP374.jpg

「アタシも……菫のこと……な……」

SP375.jpg

「ん……」



SP376.jpg

「見つけたぞ、貴様らぁ!!!!」

亜空間の扉が開き、現れたのは――

SP377.jpg

「レ、レイン!?
 なんて事!このタイミングで――」

SP378.jpg

「この私に淫獣形態まで使わせた事は褒めてやる!
 だが、こうなった以上貴様らには相応の償いをしてもらうぞ!!
 もはや奴隷とするつもりもない、皆殺しにして――」

SP379.jpg

「…………」
「…………」

「――何だ、その目は……?」

SP380.jpg

「き、貴様らまで何だ!その顔は!?」

「や……このタイミングで、ねぇ……」
「ナームー」

SP381.jpg

「てめぇ…………
 よくも、よくも……邪魔してくれやがったな……」

瞳を絞り、顎を引き、抑えに抑えた声を響かせるフィリス。
その後ろには、胸を隠して真っ赤になる菫。
冷静に振り返るラブシーンほど救い難いものは、この世に無い。

「ひっ!……な、何だ……この気迫は……」
「ついでに……さっきの礼も……しとかねえとなぁ……!!」
「さ、さっきの礼だと?待て、私は貴様に不意打ちをうけて……」

SP382.jpg

「問答」

SP383.jpg

「無用ぉぉぉっ!!!!!」
「うぎゃあああああああぁぁぁっっ!!??」









SP384.jpg

「どうだった?」

SP385.jpg

「はい、吉野の方に報告したら『声か!そいつは思いつかなかった!』って、おおはしゃぎしてらっしゃいました」
「あはは、まあ、ぶっつけ本番が役に立ったみたいで良かったね」
「はい!
 ……そう言えば、勇さんはあの剣のこと、知ってたんですか?
 使い方が分かってたみたいに見えましたよ?」
「ん……具体的には何も知らないよ。
 ただ、ずっと昔におばあちゃんに聞いた事があったんだ。
 "心の刃"のこと」
「心の…刃。確かに、あれはそういうモノでしたね」
「うん。ヒトの心、想いを刃にのせる剣。
 てっきり、剣の道を説いた例え話のひとつだと思ってたんだけど……」
「実在した、んですね……」
「そう。……っていうかさ」

SP386.jpg

「今回は、ニノンさんにゆなさん、それに菫さんの想いだけで勝てたようなもんなんだよね……
 私の想いじゃ、響鳴剣、光ってすらくれなかったし……全然力不足だったのかなあって……
 ちょっとショック受けてるのよね、今」
「そ、そんな事ないですよ!
 勇さんの想いが弱かったんじゃなくて、あの方たちの想いが凄く強かったんです!……多分」
「うん……ありがとね、恵。
 でも、そうだよね……」

SP387.jpg

「あの人たちの絆の深さには、ちょっと憧れちゃうね。
 ……私たちも、あんな風にお互いを想えてるといいね」
「はい、そう思います!
 ……あ、でも、その……あのその、好き、とかはその……ゴニョゴニョ」
「え……あ、あははは!それは無いって!
 …………うん、無いって!あははは!」
「……」
「……」
「……それはまあ、ともかく」

SP388.jpg

「ん」
「あっちは……どうしましょう」
「あっち……だよねえ」

SP389.jpg

「ン?どーかしタ?」



SP390.jpg

「はぁ……
 ……だりぃ」

SP391.jpg

「何をだらけてらっしゃいますの?」
「ん……」

SP392.jpg

「お嬢か……何か用?」
「用ですわ。
 天文部が、今夜の観測実験に備えてそろそろ準備をしたいそうですの。
 ところが、"金獅子"が居座っていて、簡単にはどいてくれそうもない。
 そこで、私がライオン撤去に呼ばれた次第ですわ」

SP393.jpg

「その仇名で呼ぶのやめろっつってんだろ……
 大体、言われりゃ素直にどくっつーんだよ……」
「という事なので、さっさと下校するなりしてくださいまし」

SP394.jpg

「へいへい。
 毎度の小言を聞かされる前に、とっとと帰るよ」
「あら?素直なライオンはちょっと物足りないですわね……」
「あのなぁ……喧嘩売ってんのかよ、ったく……」
「ふふ……ん、そうそう……」

SP395.jpg

「髪型、変えたんですのね」
「!
 ん……まあ、な」

SP396.jpg

「……可愛くなったんじゃない?フィリス」

SP397.jpg

「へ、サンキュ、……菫」






トェェイまんがまつり ライブエンジェル 対 ブライズ・オブ・レッド END
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

想いを込めた言葉……魂の共鳴現象のようなものでしょうか?
ヒーロー物では、当たり前のように使われる手段ですが、かなり燃えさせて頂きました。
ありがとうございました。

  • 2009/10/04(日) 01:16:04 |
  • URL |
  • 神代☆焔 #-
  • [ 編集 ]

い…イイハナシダナー(大泣)

素晴らしい大作完結、お疲れ様でしたっ!

  • 2009/10/04(日) 01:25:10 |
  • URL |
  • 印度一好色 #-
  • [ 編集 ]

うおお、これは綺麗にまとめましたなー!
読んでる途中、ワクワクしっぱなしですぞー
悪堕ちが好きなはずなのに…
悪堕ちが好きなはずなのにー
こういう熱いヒーローの展開が好きな自分がいる…
悪の研究員失格ですね…
それにしても、レイン様のイイかませ犬っぷりw

  • 2009/10/04(日) 03:18:01 |
  • URL |
  • アクノス所長 #LkZag.iM
  • [ 編集 ]

特別編もついに完結ですね お疲れ様でした
響鳴秘剣がお嬢の心と響き合うところが凄くかっこよかったです
最後の髪型のくだりから二人の間に結ばれた絆が垣間見えます
ただ、今回の元凶たるレイン様はもっと
シリアスな雰囲気で倒して欲しかったなー、と思います
いえ決してもう出番の無いだろう淫獣形態がもっと見たかったとかそういう訳では

  • 2009/10/04(日) 04:47:14 |
  • URL |
  • kskする名無し! #-
  • [ 編集 ]

特別編作成お疲れ様でした~。
やはり心の力は何者にも勝る強い物ですね。
友情・愛情が闇を吹き飛ばす…定番ながらも良い話です。
楽しませていただきました♪

それにしてもレイン様…選択肢を誤ったばかりに最後もあっけない物になってしまいましたねw

  • 2009/10/04(日) 10:57:05 |
  • URL |
  • Mizuha #-
  • [ 編集 ]

お疲れさまでした

大作をまとめきってしまわれたこと本当にお疲れ様です

なにより、わざわざクレジットしてくださっていますが
わたしは外野でがやがやしていたまで

むしろ

「あーうぜぇ、ごちゃごちゃいいやがって」のほうを担当させていただいていたのじゃないかと
思っています

またわたしもそうなんですが
悪堕ちものを書いていても、ゆりりんものを書いてはいても、熱血王道展開が
嫌いじゃないんだなぁと思い知った次第です

最後に一言 この大作の一行もわたしは書いてませんので(w

  • 2009/10/04(日) 20:56:43 |
  • URL |
  • Enne #XtDHfxHE
  • [ 編集 ]

うむ、やっぱりヒーローものはクライマックスは燃える展開で最後はハッピーエンドでなければいけませんよ。
堕ち好きな自分ですが、こういう王道ヒーロー譚はもっと好きなものなのです。

大作お疲れ様でした!

  • 2009/10/04(日) 22:14:44 |
  • URL |
  • いなづまこと #-
  • [ 編集 ]

長編完結お疲れ様です。
堕ちファンの方には申し訳ないですけど、やはり僕としては見事な堕ち解除の王道と言う感じが良かったですね。
解除後の全裸シーンや無粋モノへの一撃の絵もいい感じですし。
響鳴の剣の極意、剣ならずともやはり伝わる意思はエピローグ込みで見せてくれた感じがします。

改めましてお疲れ様&感謝です。

  • 2009/10/04(日) 23:50:33 |
  • URL |
  • カギヤッコ #/k8K4ErU
  • [ 編集 ]

このガオイガイー的な展開、大好きです!
涙出ちゃいましたw
「絶対に元に戻してみせる! いっけええぇぇぇーーーー!!」
と突っ込んでいくような熱血が最近の漫画やアニメでないので嬉しいです♪
やっぱり愛や正義があっての堕ちですね。

  • 2009/10/05(月) 08:52:43 |
  • URL |
  • ν賢狼ホロν #-
  • [ 編集 ]

リクエスト(外伝)

是非リクエスト(外伝)が読みたいのです。
>外伝1『第五幕』からの『最終幕』IFバージョン
本来『スミレ』が、『フィリス』にキスをしようとしたところに『レイン』が怒り、『スミレ』に罰を与え過ぎた結果、『フィリス』の魔因子が暴走し、レインが淫獣形態になったたが、『フィリス』に殴られ最終的にネコ化しましたが。
もし『淫獣軍所属の調教師(トレーナー)』レインが、『フィリス』の調教時に『イーズ』の助言(忠告)を聞いていて、『スミレ』が、『フィリス』にキスをしたことにより『魔因子』が更に安定し活性化し、『レイン』が、『スミレ』に快楽を与えてやり、レインの調教計画の工程を大幅に狂わせるほど上回って『レイン』の予想を超える淫獣隷奴になっていたら。

あと、こちらも完全にネタですが
タマミ、霞崎 菫、フィリス=エイゼル、尾道 ゆな、美作 ニノンの5人が、ライブエンジェルに入隊。

『タマミ』が、ライブエンジェル 『キャット』…スーツカラー(ブラック)
『フィリス=エイゼル』が、ライブエンジェル『ライガー』…スーツカラー(ゴールド)
『霞崎 菫』が、ライブエンジェル『ウルフ』…スーツカラー(シルバー)
『尾道 ゆな』が、ライブエンジェル『タイガー』…スーツカラー(ホワイト)
『美作 ニノン』がライブエンジェル『パンサー』…スーツカラー(グリーンOrピンク)
なんてどうでしょうか




淫獣隷奴化したフィリスが、淫獣隷奴スミレ(霞崎 菫)と一緒に、浄化された尾道 ゆなや美作 ニノン達を再度、淫獣隷奴化させ『タマミ』&エンジェルライオン(ジョウ)捕獲に乗り出し第X話「迷子の迷子の淫獣人」BADパターンの『ジョウの悪堕ち(新人調教師)』バージョンを是非

  • 2009/10/06(火) 15:49:06 |
  • URL |
  • 冥狼 #eqP7eH0Y
  • [ 編集 ]

>神代☆焔さん
当たり前は王道。
王道すなわち金字塔!

>印度一さん
蛇足で台無し!いい話。
わざわざメッセで感想伝えて頂いて、じーんと来てしまいました。
こちらが照れるほどの賛辞を頂いて、いやもうほんと、ありがとうございます!

>所長さん
悪堕ちが好きになるには、それが生まれる展開が必要なわけで、
それ即ち正統派のヒーロー話なのですよ!
さあ、悪の科学者よ!正義の光で改心するのだ!
カタルシス、ウェイブ!(洗脳

>kskさん
格好良いと思ってくださるのは一番嬉しいかも。
かっこつけたライブエンジェルが見られるのは当ブログだけ!

レインに関しては、ご期待に沿えず申し訳ないとしか言えません。
これ以上尺を増やすのもそうだし、唐突な展開を二回三回と挟むのはいかがなものか、と考えた末、ああいう扱いにしてしまいました。
淫獣形態……遠い将来、どっかで出るかもしれません(笑)

>Mizuhaさん
定番ってのは、定番たり得るほど魅力のあるプロットだから定番なのですよね。
先人の築いた燃える要素は、遠慮なく使わせて頂きますガイナックス。
レインはそう、選択肢を致命的に誤ったのです(笑)

>Enneさん
Enneさんの助言が無かったら、もっとこぢんまりした話で終わってましたよ。
お借りしたプロットをいじくりまわしてこうなったわけですから。
あと、熱血展開が嫌いだったら、あんな熱いアクションシーンは書けないかと(笑)

>いなづさん
たまにはヒーローしてもいいですよね!
たまにはハッピーエンドでもいいですよね!
…………うん、たまには!

>カギヤッコさん
今回はバッドエンドも作り(れ)ませんでしたので、お気に召して頂けたでしょうか(笑)
上でも散々書いてますが、王道展開があってこその悪堕ちなのです。
すなわち、元々王道展開が好きという方は多いと思うのですよ。

>ホロさん
バレたか(笑)
全裸で抱き合う二人のイメージ、正に最終回の凱と命が念頭にありました。
たまには奇跡が起きたっていいじゃないですか、ねえ(笑)

とにかく、王道ありきの横道なわけで。
普段悪堕ちという日陰道を歩いてる身ですが、たまにはお天道様の下を堂々と歩いてみたくもなるって事でひとつ。

え、途中でエロい事してる?
終わり清ければ全て清いんだよ!
蛇足で台無し


>冥狼さん
おー、これまた熱い妄想ですな(笑)
残念ながら、フィリス以下今回メインどころを務めてもらった4人のキャラはある人物にお借りしたものなので、ご希望には沿えないのが残念です。

  • 2009/10/07(水) 00:23:16 |
  • URL |
  • わぶき #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akuoti3dlive.blog40.fc2.com/tb.php/59-af8c516b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。