FC2ブログ

堕ち玩

悪堕ち中心のあれやこれやに関するエロネタブログ。18禁。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別編 ライブエンジェル 対 ブライズ・オブ・レッド その3

ヘイお待ち!イカ(くさい)堕ち紙ぃ!

すいません、スシチェンジャー買ったもんでつい……

お待たせしておいて申し訳ないのですが、今回はあれれっ?てぐらい堕ち成分少なめです。
風邪ひいたらいけないので、ちんこはしまって下さい。

そして、アップロード容量の問題で文字コラやめました。
前回分までは、そのうち同一フォーマットでアップし直そうと思ってます。

さて、当初の想定より遥かに長編になりそうです……

翌朝。
売り言葉に買い言葉で、つい菫を放置してしまったが、やはりどうも様子がおかしかった。
気が引けるが、確かめといた方が良さそうだ。

フィリスは、そう考えていた。

SP44.jpg

「ちーす。アイツは……いないな。この時間ならいつも机で本読んでやがるのにな……?」

SP45.jpg

フィリスが席に着こうとしたところで、クラスメイトが声をかけてくる。

「おはよう、フィリスちゃん。ねぇねぇ、お嬢見てない?」
「よう、琴乃。……いや、アタシも探してんだけど、今日はまだ来てないのか?」

「それがね、ニノンちゃんもゆなちゃんも教室に来ないし、おかしいなと思って見回ってみたらね」
「…?」
「学年委員会の子たちも、全然来てないんだ。特に行事とかも無いはずなんだけど……」

SP46.jpg

「委員会の連中がまとめて……?そりゃ確かにおかしいな」
(昨日、アイツがおかしかったのも生徒会室だったな……やっぱり、何かあったか……?)

「委員会の皆で秘密の会議でもしてるのかな?フィリスちゃん、何か知らない?」
「いんや、アタシは知らないよ。……興味も無いね」
「うーん、そっかー。じゃあ私、ちょっと校内探索してくるね」

(……興味は無いけど、な……)







SP47.jpg

「お帰りなさいませ、お嬢……あれ、ゆなさん!」

SP48.jpg

「えへへぇ、タマさん、お疲れ様でーす」

その日の午後、メイド喫茶にゆなが訪れていた。
対応しているのは、ジョウの紹介でこの喫茶店に居ついたタマミである。

「お疲れ様です!遊びに来てくださったんですか?」

SP49.jpg

「はぁい。今日はお友達も連れてきちゃいましたぁ。
 さ、お姉さま、こちらへどうぞぉ」
「ふふ、お邪魔いたしますわ」

見れば、ゆなの後ろには女子高生の団体が連れ立っている。

「わっ、団体さま!すぐにテーブルご用意します!少々お待ちになってくださいね!」
「あは、そんなに焦らなくても大丈夫ですよぉ。
 …そう言えばタマさん、今日はジョウさん、いますよね?」
「はいっ、ジョウさんでしたら、バックヤードのお掃除を……」

SP50.jpg

ぴくん

その時突然、タマミの五感にざらりと触れる気配が生じた。

(えっ……これ……い、淫獣人の……?)
「そうですかぁ、バックのお掃除をされてるんですねぇ。じゃあ、すぐにこちらに見えますよねぇ」
(ど、どこ!?どこからこの気配が……)

「あ、ゆなっちダ。おいスー」

SP51.jpg

「あっ、ジョ、ジョウさん…!あのっ、い、今……っ」
「エ?」

SP52.jpg

「えへへぇ、ジョウさん、見ーつけたぁ」
「あの方がターゲット……。ふふっ、まぁ何とも、野蛮な空気を醸し出される方ね」
「あははっ、さっさとやっちゃおうよ、お嬢~」

「え、えっ…!?この気配って、まさか……!?」

ジョウが姿を現した瞬間、自分の背後で膨れ上がる淫獣人の気配に、タマミは慄いた。
ピンと立った獣の耳と尻尾が、妖しく笑う少女達の視界に入る。

SP53.jpg

「あら、あの娘も淫獣人じゃない?」
「本当ね、私達のお仲間よ」
「でも……まだ『目覚めて』いないみたい」

「くすくす、それなら、私達で思い出させてあげましょうよ」
「良いわね、昨日は狩られる側だったけど」
「今日は狩る側で遊べるのね、楽しそう」

SP54.jpg

「きゃはは!まずはあなたから!」
「私達がレイン様の代わりに!」
「調教し直してあげるわ!」

口々に好き勝手な事を言いつつ、半淫獣隷奴化した少女達がタマミに踊りかかる。

「き、きゃあああああああっ!!」

SP55.jpg

「タマッ!伏せテッ!」

SP56.jpg

「とアァァァァァッ!!」

瞬間、獣のような俊敏さで跳躍したジョウと、少女達がタマミの頭上で激突した。

SP57.jpg

「……ふゥッ!」

元々の身体能力の差か、場慣れの差か、ジョウは少女達を床に叩き伏せていた。

(わー、ジョウさん、素敵ー!!)

SP58.jpg

「あは、さすがジョウさん。正義の戦隊ヒロインやっちゃうだけあって、強いんですねぇ」
「ふふっ、まったく、先走ってやられるなんて無様ですわよ、あなたたち」
「ちゃんとあたしらの『本当の姿』に戻ってからかかれっつーの!」

菫たち三人を、闇のオーラが包み込む。
淫獣隷奴の装束、尻尾が、爪が、牙が、少女達の肢体を彩っていく。

SP59.jpg

「もー、いきなりだナァ。…んー、ここで暴れちゃったラまずいかナ」
「ジョ、ジョウさん?どうするんです?」
「ン、しっかり掴まっててネ、タマ。逃げるヨ」

SP60.jpg

「きゃははぁ!ジョウさん、いえ、エンジェルライオン!」
「レイン様のご命令により…」
「お前の身体、貰うよ!!」

淫獣隷奴と化したゆなとニノンが、ジョウ目掛けて飛びかかる。

「行くヨ、タマ!エレンさン、ごめン……ネッ!!」
「え?えっ!?うわきゃーーーーッ!!?」

SP61.jpg

ガッシャーーーン!







SP62.jpg

「えっほ、えっほ……ふう、こんだけ離れれバ大丈夫かナぁ?」
「い、いえ……まだ不安なので、もうちょっと抱っこしててもらいたいですっ!」
「モー、怖がりだナぁ、タマは」

いまいち緊迫感に欠ける二人。
だが、目前の空気が歪み、魔淫空間の裂け目から現れた人影に相対してしまっては、そののんびりした空気も打ち払われてしまう。

SP63.jpg

「うわっとっト!」
「きゃあ!……あ、ああ、アナタは……!!」

「久しぶりだな、エンジェルライオンに、出来損ないのタマミ」

「こら、おまエ!タマのこと出来損ないなんて言うナ!」

「ふふふ、相変わらずイキがいいな。そうでなくては、私のペットに加える意味が無い」

余裕綽々に笑うレイン。
次の瞬間、魔淫空間の歪みの中から淫獣隷奴たちが現れる。

SP64.jpg

多勢に無勢。
タマミという守る対象がある以上、全力で突破口を開いてこの場を出来るだけ迅速に脱出し、勇たちと合流しなければ。
野生の勘と本能で、以上の考えに瞬時に到達したジョウは、エンジェルブレス起動アクションに入ろうとする。
だが、それはレインによって制されてしまう。

「おっと、変身するつもりならば、止めておいた方が無難だぞ。
 変身して戦えば、この娘たちは死んでしまうだろうからな」
「んン?どーいう事サ!?」
「この娘達の身体は、半分人間のままってことさ。
 淫隷化も何も施していない。当然、肉体強化もしていない……
 ライブエンジェルの力で一般の人間を攻撃すれば、どうなるかぐらいは分かるだろう?」
「ムー、おまエ、ずっこいゾ!」
「ふふふ、ありがとう。手段は選ばないタチでね。
 ……そうら、同僚も追いかけてきてくれたようだぞ」

SP65.jpg

「ジョ、ジョウさぁん!」

いつの間に現れたのか、ジョウたちの背後には菫やゆなをはじめ、喫茶店を襲撃した淫獣隷奴たちが静かに控えていた。

「うウー、ちょっとまずいかナ…」

SP66.jpg

「さあ、そろそろ覚悟を決めた方がいいな。
 今なら、その後ろの出来損ないとつがいにしてやっても良いぞ?どうする?ふふふふ…」
「んにゃロー!」

じりっ、じりっ、と少女達が間合いを詰めていく。
獲物を狙うハイエナの群れのような、暗く光る瞳がジョウとタマミの周囲を囲む。

そして

SP67.jpg

「やれっ!!」
「「「「「ニァーッ!!!」」」」」

「ジョジョジョ、ジョウさぁあぁぁぁああん!!」

レインの号令、タマミの悲鳴と共に、淫獣隷奴の少女たちが一斉に殺到する。
万事休す。
ジョウの本能がそう告げる。

だが、その時

SP68.jpg

烈風が

SP69.jpg

舞った

SP70.jpg

「爆ぜろおぉぉぉぉぉ!!!」

SP71.jpg

閃光、衝撃、轟音、電撃、稲妻、熱風。

SP72.jpg

「なっ……何だ?何が起こった!?」

SP73.jpg

「……ったく……興味は無いけどさ……」

SP74.jpg

「う、うう……あ、貴方……!よくも、よくも……この、野蛮人……!」

SP75.jpg

「へっ、吐く台詞はいつも通りなんだな……!」



To Be Continued …
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

あ、御心配なく。
寝るときは、必ず全裸ですから(笑)
 
今回は、戦闘シーンメインなようで。
物語の流れ上、四六時中エロシーンだけの展開は不可能に近いですから、しぃ~んぱぁ~いないさぁ~~~~~~~~~~~~!(爆)

  • 2009/06/18(木) 08:52:41 |
  • URL |
  • 神代☆焔 #-
  • [ 編集 ]

初めまして、いつも楽しく見させていただいてます
この後、変っ…身!するんですね、分かります
すいません、これだけ言いたくてつい…、失礼しました!

  • 2009/06/18(木) 14:36:20 |
  • URL |
  • 名無し #t2ak6JE6
  • [ 編集 ]

熱い展開になってきましたね~。
フィリスさんの乱入シーン格好良いですw
まさにヒーローですね~。

  • 2009/06/18(木) 20:01:53 |
  • URL |
  • Mizuha #-
  • [ 編集 ]

イカ(くさいもの)を握った手で他のを握ったら全てイカ寿司になるので注意だ!

…と、私は何を言ってるんだ。
とりあえずジョウさん。
タマミだけは絶対守ってくれよ!
この手の娘はフラグが立ちやすいんだ!!
しかしタマミ可愛いな!
ジョウさん、もうちょっとお姫様だっこしてあげなされ。

やはりバトルシーンは素晴らしい…
でもこの後、折角助けにきたフィリスが堕ちたらかっこ悪すぎですねw

  • 2009/06/18(木) 22:17:13 |
  • URL |
  • アクノス所長 #LkZag.iM
  • [ 編集 ]

>神代☆焔さん
全裸は健康に良い……
そう思っていた時期が俺にもありました(鼻水をすすりながら


>名無しさん
どうも、はじめまして!
楽しんで頂けておりましたら、幸いです。

>この後、変っ…身!
正解。通常のヒーロー番組の構成としては非常にスムーズかつ美しい流れですね。
ただ、今回は少々事情が違いまして……


>Mizuhaさん
悪堕ちブログであると同時に、「おれのかんがえたせんたいひろいんであそぼう」ブログでもありますからね!(今決めた
特撮ヒーロー的な演出は大好物なので、あのテイストを再現できたらなあと思いますね。


>所長さん
>しかしタマミ可愛いな!
いつの間にかガチレズになってましたけどね!(笑)
立ったフラグはきっとジョウがへし折ってくれる事でしょう。

>折角助けにきたフィリスが堕ちたら
しかしここは悪堕ちブログ……人様の嫁だからと言って容赦はしないぜえ!
でも、かっこ悪すぎにはしないつもりです。ふふふ。

  • 2009/06/19(金) 00:58:37 |
  • URL |
  • わぶき #-
  • [ 編集 ]

フィリスさんの登場かっこいいですね!
この先の展開がどうなるのか楽しみです。
タマミやあの子猫?軍団には生き残ってもらいたいし・・・
両方とって、丸く収まるのって・・・
それは甘い考えですね・・・

  • 2009/06/22(月) 00:21:46 |
  • URL |
  • たか(t) #-
  • [ 編集 ]

ぅぁ フィリスっょぃ

  • 2009/06/22(月) 00:29:51 |
  • URL |
  • 赤い陵辱者 #-
  • [ 編集 ]

ヒロイン(ヒーロー?)達も隙を突かれて首輪を嵌められ、
従順な黒猫ちゃんに堕ちたら最高ですね。

  • 2009/06/23(火) 11:12:06 |
  • URL |
  • ひろし #-
  • [ 編集 ]

>たかさん
モブ猫たちは俺のでっちあげですが、最初に堕ちた3人組もお借りしているキャラなのです。
というわけで、生存は確定ですよ。
どういう形でかは保証いたしませんがね、フフフ……

>赤さん
今川泰宏作品に出られそうなキャラとして認識しております。

>ひろしさん
実に良いですなあ。
今回はフィリスさんにスポットを当てたいので、もうちょっと違った方法になる予定ですが、その案も黄金パターンとしてどこかでやりたいですね。

  • 2009/06/23(火) 23:52:49 |
  • URL |
  • わぶき #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akuoti3dlive.blog40.fc2.com/tb.php/40-3a20a2a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。